「過去の自分に伝えたい後悔」を

生活に活かしていくブログ

スポンサーリンク

文鳥と子供の共同生活で気をつけていること

子供がいる家庭でペットとして小鳥を飼っている場合、子供が小鳥を傷つけてしまわないように細心の注意を払う必要があります。

我が家では、ペット向けの小鳥の中でも特に体の小さな文鳥を飼っています。

この子達は娘が生まれる前から飼っているので、娘がまだまだ新生児のころや、ずりばい赤ちゃんだった頃も一緒に過ごした家族です。

f:id:narafushi:20190518212045j:plain

我が家の文鳥ちゃん

特にインコ、文鳥、十姉妹やキンカチョウといった小型の鳥たちはちょっとしたことで大怪我や命に関わるケガにつながってしまいます。

「子どもがいるけど、小鳥を飼ってみたいなあ」と思っている方や、小鳥を飼っている、そろそろ子どもが生まれる方のために、我が家で実践している子供と小鳥を傷つけないように気を付けていることを共有したいと思います。

過去の自分に言いたい言葉

家族皆、幸せに暮らしていきたいね

 

まず、どんな危険性があるか

子供が小鳥を傷つける

接触だけで小鳥にとっては大けがに

我が家の走り回る1歳児の体重は約9kgですが、一方の文鳥はたったの25gです。

その比はなんと360倍!

子供が走り回る部屋に文鳥がいる状況を、大人で例えると

トラックが全速力で走り回る校庭にいることと同じことになります

子供が遊びのつもりで触れただけでも大怪我につながってしまうし、突然転倒してしまったときに下敷きになってはひとたまりもありません

 

f:id:narafushi:20190518211417p:plain

恐怖の重量比
脱走させてしまう

ペット化した小鳥たちは生存能力が低く、一度飛び立ってしまうとエサを確保できなかったり、カラスなどの野生動物に捕食されてしまう危険性が非常に高いため、脱走は絶対にさせてはいけません。

窓を開けているときに子供が鳥かごを倒してしまった!

放鳥中に子供がいつの間にか窓を開けていた!

ということが原因で小鳥が脱走してしまうことも考えられます。

小鳥が子供を傷つける

f:id:narafushi:20190518215304j:plain

喧嘩する桜文鳥
噛んでケガをさせる

 文鳥はケンカっ早く気に入らないことがあれば噛んでくる子が多いです。

インコは体が大きく、クチバシの力も非常に強いそうです。知り合いのコザクラインコ飼いの方は、ピアスを破壊されると嘆いていました。

 

人間からすれば弱い力ではありますが子供の瞼などの急所を噛まれた場合、ケガをする危険性が高いです。

鳥アレルギー、オウム病

まれにですが、鳥アレルギーを発症する場合があるそうです。

また、オウム病という人・鳥共通の病気が感染する恐れがあります。詳しくは下記のリンクをご参照ください。

www.cpvma.com

対策方法

子供と小鳥を接触させない

今まで書いてきた通り、子供と小鳥が接触することのメリットは「遊ぶ姿がカワイイ!」ぐらいです。取り返しのつかないデメリットが圧倒的に大きいので、子供と文鳥が遊ぶ姿は諦めて接触させないようにしています

鳥かごは子供が触れない位置へ

鳥かごはベビーフェンスの奥側に置いて、子供が触れないようにしてあります。

こうすることによって子供が鳥かごを倒してしまう危険性がなくなり、小鳥の安全性が確保されます。

余談ですが、ベビーフェンスと鳥かごは夫婦で頑張ってDIYで作りました(またブログで書くかも)

f:id:narafushi:20190518220431j:plain

触られたくないものだらけ!

 放鳥時は窓を閉めて鍵をかける

これは子供と小鳥の関係に限ったことではありません。

網戸で放鳥していると外敵(猫やカラスなど)に襲われる危険性が増すことや、ぶつかった際に網戸を破ったり衝撃で外れてしまって脱走してしまう可能性があります。

 

また、放鳥中に大人が気付かないうちに子供が窓や網戸を開けてしまって脱走してしまう可能性があります。

 

放鳥時は網戸ではなく、確実に窓を閉めるようにしましょう。

(鳥を)躾する

好奇心旺盛な子供に、カワイイ小鳥たちは触らないよう躾するのは無理でしょう。

我が家では文鳥たちに、できるだけ身の危険にさらされることの無いよう躾けています。

  • 床を歩いていると踏まれる、下敷きになる危険性があるので逃がす
  • 安全な場所(ベビーフェンスの奥、ソファーの背もたれの上、大人の上)へ誘導する
  • 子供へ近づいたり、乗ったりしていたら逃がす

粘り強く1年ほど続けていると、効果が出てきたみたいで最近は逃がさなくても初めから安全な場所にいることが多いです。

また、子供には近寄らずに大人にだけ懐くようになっています。

f:id:narafushi:20190518221902j:plain

不用意に床を歩く文鳥たち(危ない!)

鳥の糞は早く片付ける

鳥たちにトイレを覚えさせるのは難しいので放鳥中にそこら中で糞をします。もしも、この糞を子供が口に入れてしまった場合健康への悪影響が起こりますので、できるだけ早く鳥の糞は掃除するようにしましょう!

これについては、私はあまりできておらず、いつも妻に注意されています。すいません。

最後に

子供も小鳥も大事な家族です。どちらも大切にしながら幸せな毎日を送っていきたいですね。

また、小鳥たちは10年前後と寿命が短いです。天寿を全うさせてあげて、幸せだったと感じさせてあげられるようにしたいと思っています。

 

もっとこういうのあるよ!  とか

それはやめたほうがいいよ! とか

意見のある方はコメントやツイッターで連絡いただけると幸いです。

 

f:id:narafushi:20190518221335j:plain

人懐っこい手乗り文鳥