「過去の自分に伝えたい後悔」を

生活に活かしていくブログ

スポンサーリンク

ツイオフというものに参加してみました

先日6月2日、2018年2月生まれのパパ・ママ交流の”ツイオフ”があり、私も参加してみました。

楽しかったし、気付きもありました。ツイッターで育児用のアカウントを持っている方は積極的に参加していけばいいと思いました!

過去の自分に言いたい言葉

月齢近い人との交流は大事!

 

 

ツイオフとは?

なまえだけ聞いたらツイッターの友達で集まってオフ会でも開きそうですが

共通のハッシュタグを使って皆で共通の話題についてツイートやリプライをする

という内容です。こんな感じ⇓でハッシュタグをつけてツイートしたり、共通の話題や質問に対してリプライしたりしていました。

 

2月生まれのツイオフは毎月2日に開催されているそうです。

各月ごとにハッシュタグがありました。

 

もっと見てみたい人は私のツイッターも覗いてみてください。

twitter.com

 

どんな感じだったか?

おなじ月齢の子の様子が知れる

子育てをしていると時々、自分の家の子どもは順調に成長しているんだろうか?と疑問に思うことがあります。

そんなとき、ツイッターを通して同じ月齢の子達の様子を知れると、参考になります。

 

また、子供の成長に応じたイベント(お食い初め、誕生日、お宮参り・七五三、etc)の情報交換をリアルタイムに行えるのもメリットだと思います。

聞きづらいことが聞ける

 リアルでは聞きづらいことも、ネットのほうがむしろ聞きやすいこともあります。

 

例えば、外食の時ご飯を子どもに取り分けるかどうか?という話をしたいとき

もし話しした相手が外食絶対反対主義の人だった場合、外食の話をした瞬間に叱られたり説教されたりする可能性があります(経験があります!!!!!)

ツイッターでなら色んな人から色んな話を聞ける上に、もし気に障る人が居ても取捨選択できるのがネットを活用する大きなメリットだと思います。

仲間が増える

f:id:narafushi:20190603222758p:plain

以前からプロフィールには#2018feb_babyハッシュタグをつけていましたが、中々同じ月齢のパパ・ママとつながることはできていませんでした。

今回のツイオフのおかげで相互フォローさんも増えて、嬉しかったです。

 

次は質問もしてみたい

今回参加してみたツイオフは、事前に集めていた質問を当日まとめて公開するタイプだったので、私は回答側だけでした。

回答側だけでも結構楽しかったんですが、やっぱりこういうのは質問してナンボのような気もするので、7月に開催されるときは私も質問してみたいと思います。

 

育児にツイッターは結構使える

以前のエントリーでも書きましたが、ツイッターを使ってると結構プラスになることが多いです。

www.narafushi.com

ツイッターに夢中になってSNS依存になってしまっては元も子もありませんが、ネット社会を存分に活用できる最高のツールだと思います。

また、家事や育児に孤独感・閉塞感を感じている人は是非活用してみてはいかがでしょうか

 

SNS界隈では父親の育児参加率の低さを感じる

母親のアカウント(いわゆるママ垢)に比べて父親のアカウント(パパ垢)はかなり少ないです。

体感で言えば30:1ぐらいです。

 

 

ちなみに今回のツイオフ、私の目に入った限りでは父親で参加していたのは私だけでした。

ツイッタ育児垢界隈はまだまだ女性社会という感じですが、これから男性も増えていって、友だちも増えていけばいいなと思います。