「過去の自分に伝えたい後悔」を

生活に活かしていくブログ

スポンサーリンク

家事・育児の大変さをパートナーに分からせたい人へ

ナラフシです!

 

子供はとっても可愛くて大切な存在ですけど、家事・育児って本当に言い表せられないぐらい大変ですよね


f:id:narafushi:20190505235947j:image

私はGW10連休の生活を通じて家事・育児の大変さを見を持って実感し、理解することができました。

今までも理解していたつもりでした。でもそれが「つもり」だということがよくわかりました。

私と同じ様に理解している「つもり」の人

パートナーが辛さを理解してくれない人

この記事を読んで家事・育児の大変さを理解している人が増えればと思います。

過去の自分に言いたい言葉

妻の頑張りはすんごいぞ!

 

 

はじめに

GW10連休は妻がつわりで完全ダウンしており、本人の飲食すら大変な状態でしたので妻の世話、家事・育児を全て行いました

GW前からこの状態になることはわかっていましたが

GW前の私

 (๑´ڡ`๑)

 ま、行けるやろ!

GW後の私 

 \(^o^)/

 全然いけへんかった…

 

と、言っても普通の主夫生活以上のことはしていません。私が弱かっただけです。

何ならイージーモードでした。子供の寝かしつけは妻がしてくれたし、妻はつわりで食べられるものが少なく、買ったものを食べてたのでご飯を作る必要がなかったので

 

この10連休のおかげで家事・育児の本当のしんどさ、普段の妻のがんばりを身を持って思い知ることができました。

 

そもそも、私は家事・育児をしている方だと思っていた

妊娠前の私の生活はこんな感じでした

・平日は出勤前の自分の朝食と水筒の準備、帰宅後の夕食の片付けと娘の風呂

・休日は娘と遊んで食事の介助、風呂掃除、洗濯の取り込み、たまに大人のごはん作り

結構家事し

なぜ勘違いしていたか

①回復できない状態が継続する

家事・育児は単純な仕事量もさることながら休憩時間がないのがしんどいです

思わずツイッターでも愚痴ってしまいまして⇓

https://twitter.com/narafushi/status/1124157268692307968

たくさんの家事・育児で疲れる上に、それを回復させることができません。それどころか徐々に体力が削られていきます。

「体力が全く回復できていない状態にある」ということに目が向けられていませんでした。

 

②全体のタスク量が把握できていない

普段の仕事のタスク量を100

家事・育児のタスク量を150 とします

f:id:narafushi:20190505230235p:plain

私が家事・育児の10分の1をやっているとしますf:id:narafushi:20190505230203p:plain

私は115のタスクを行うようになるので「いつもより頑張ってる、疲れたー」となるわけです。

一方、残りのタスクをこなしている妻は135ものタスクを行っているので非常に大変です。しかも夜泣きで起きたりもしているので回復もままなりません。

 

しかし、私は妻のタスク量が135もあることに気づいていません

なぜならそもそものタスク量が150もあることを知らないからです。

このようにして「家事・育児をがんばっているつもり」状態が生まれていたわけです。

③妻の心遣いを真に受けていた

f:id:narafushi:20190505234334j:plain

第1子妊娠中の妻 in 春日大社

 妻は平日も休日も「あなたは仕事頑張ってくれてるから!しんどいけど、大丈夫やで!」とつらい顔をあまり見せず、完璧に家事をこなしてくれていました。

わたしは妻がどれだけのことを頑張って毎日おこなっているか分かっておらず、その言葉を真に受けてしまっていました。

なぜ家事・育児の大変さを理解することができたか

 GW10連休の間、10日間連続で全ての家事・育児を行ったことで前項の①、②を身をもって理解することができたからです。

どれだけ大変かなんて、自分で体験してみないとわからないものですね。

家事・育児の大変さをパートナーに分からせたい人へ

パートナー(夫・妻)に理解して欲しい人の殆どは、パートナーに体験してもらうことは難しいかもしれません。

そんな人にこのブログを読んでもらって、少しでも助けになってほしいと思ってます。

また、弱音を吐いてください。無理して頑張ることができるのは限界があります。

「私、主婦だから、あなたが育休取ってくれなくても大丈夫だよ」なんて言わないでください

育休はパートナーが家事・育児に専念して大変さを理解してもらえる大事なチャンスです。チャンスを逃さないでください。

 

情けないですが、私はこの10連休で本当に疲れてしまいました。共働きでワンオペで家事をこなしている人やパートナーの理解が得られず、モラハラを受けている人は私をはるかに上回る辛さを感じていることは想像に難くありません。

限界を超えたら人間は精神的にも、肉体的にも壊れてしまいます。

そんな状態になる人が少しでも減ってほしいと思っています。