「過去の自分に伝えたい後悔」を

生活に活かしていくブログ

スポンサーリンク

家事・育児に専念したGW10連休を過ごして

ナラフシです!

 

GWももう終わってしまいますね…

第2子妊娠中のつわりで、妻が完全ダウンしていたため主夫生活をして過ごしました。色んな気付きがあったのでまとめます。

過去の自分に言いたい言葉

GW大変やからがんばれ!

はじめにf:id:narafushi:20190504122231j:image

今回のGWは10連休を頂くことができました。

この10連休は妻の体調が優れなかったので家事・育児に専念しました。

 

連続10日間という会社員では中々確保できない長い期間、主フ生活を行うことで妻をはじめとする世の中の主婦への止めどない感謝が溢れました。

ありがとう。愛してます。

 

やること多すぎ! 

朝起きて子供のご飯作って食べさせて片付けして自分のご飯食べて妻のお世話して子供の相手してしばらくしたらお昼寝させて妻のお世話して昼寝してるうちに昼ごはん作って自分のご飯食べて起きたら食べさせてまた片付けして子供の相手して買い物して公園で遊んで妻のお世話してご飯の用意してご飯食べさせて自分のご飯食べてお風呂入れて寝かしつけて寝たら洗濯して風呂掃除して…

 

やること多すぎるやんけ!

しかも子供は思うように寝てくれなかったり、グズったりするからコッチのスケジュールどおりには行かないし

クタクタになりました…

 

休む時間ゼロ!

家事をしない時間も子供の面倒は見ないといけないです

一緒に遊んだり、絵本読んだり、片付けたり…

一人で遊んでくれる時間もあるけど、目を離すことはできません。突然死なれては困るので 

妻よ、ありがとう!

妻は専業主婦です。

私は妻が頑張ってくれていたおかげで、家事をしていない(私の帰宅時点で家事が残っていない)時期がありました。

と、いうことは[上記の家事+子供の児童館]という超ハードタスクを基本毎日こなしていたわけです。

私はこの10日間でその仕事量の超ハードタスクっぷりがやっとわかりました。 

子はもう1歳2ヶ月なのに、今更気づきました。

 

自分が情けないです。

もし、子供がもう一人できたら更に大変になっていくでしょう。

 

心を入れ替えて、これからもしっかり家事・育児を頑張っていきたいと思います

 

暖かく見守っていただければ幸いです